SIer辞めてどこ行くの?

SIerが嫌になったら脱出することはできるのか?どんな逃げ道があるのか?というかSIerってそんなにダメなのか?

外から見るとSIerのどこがダメなの? ビジネスパートナー編

SIerはビジネスパートナーにとってはどう見えているのでしょうか。SIerというのはよく言われるように構造的には建設業界に近く、業務内容がほぼ被っている企業が規模別にレイヤー化されています。この手の業界では上位のプレイヤーが順次下のレイヤーに仕事を流すことで取りまとめて大きな規模のProjectを元請けが実行できるという形で機能しています。こういった構造は一見不合理に見えますが、システム開発をはじめとしてこれらの業種が請負プロジェクトは従来の企業活動の中ではバックエンドの位置付けであるため、大企業になればなるほど丸投げできる先を求める力が働きます。そのため、パートナー企業としての安定性=与信も重要になります。実際例えばエンジニアを抱えている小さなソフトウェアハウスとの契約を直接管理するのは社内のリソースコストがかかりますし、トラブル発生時の対応もまとめて引き受けて欲しいため、Top TierのSIerが必要になりました。

こう言った背景から、ビジネスパートナー=下位レイヤーのSIerはこのTop Tier企業の発注の受け皿として、たくさんの企業が乱立しました。実際に彼らのやっていることはこれまた建設業と同じくより現場寄りのPM(というか現場監督)とエンジニアの人材派遣業で、コストはほぼ人件費のみなので一度Top Tierから大型案件を受注して現場に入り、仕様や運用の詳細を抑えてしまえば継続的に受注が期待できるため、上手くコネクションさえ作れればある程度安定性の高い経営が可能な業態ということができます。

こう言ったビジネスパートナーの従業員から見たSIerの評価は「実装する技術力もないくせにスケジュールと見積もりでPMごっこだけしているくせに給料は俺たちよりいいのでクソ」というぐらいでしょうか。お気持ちは非常によくわかりますし、一つの真実だと思います。ただし私の経験で言うとやはり企業のレベルによって人材の一般的な質もそれなりに相関している感覚があり、実際の開発現場により近い下位レイヤーのSIerの方々にSharpな人が多かったかと言うとそんなことはないように思います。それぞれFocusしている部分が違うので、開発に近い方はハードウェアに近いと言う意味でより低レイヤーなスキルが高く、一次受けの社員は顧客との距離が近いためよりソフトスキルFocusな存在であると言えます。

SIer後のキャリアパスはどんなものがあるの? 業務SE/PM 30代後半編

30代後半でSIerを辞めようと思った貴方!もう無理です。というのは嘘で、厳しくはなりますが思い立ったが吉日なのでさっさと辞めましょう。貴方の年齢であれば選択肢は広くはないですが、ゼロではないです。ゼロではないというのは絶対無理ではないという意味で実際に転職できるかどうかはもちろん貴方次第ですが。

30代後半というとチームを持ち、売上を立て、自分のキャリアの中でのハイライト的な案件もあるでしょう。この後のキャリアパスは大きく下記ぐらいです。

  1. 一般企業のIT部門(特にクライアント)
  2. 外資ITベンダー
  3. 外資Webサービス
  4. コンサル
  5. 独立(フリーランス or 起業)
  6. SIと全く関係ない元々やりたかった夢を追う系

30代前半と比較して選択肢から落ちたのは国内メガベンチャーと同業他社です。理由は国内メガベンチャーはまず役員層かその一歩手前ぐらいしか30代後半以降の居場所がないことです。厳密に言うとポジションによっては居場所自体はありますが、入った後にPromotionする可能性が低く、待遇がよくなっていかないのでお勧めできません。同業他社も理由は同様で、Promotionする可能性が現状に比べて低くなるからです。特にPromotionを求めていなくて、上のTierの同業他社に入れて年収が上がる場合は選択肢に含めて問題ありません。

ここまでくるとベストは1で、企業規模はともかく今までの経験を生かして情報システム部門でTOPまで行くつもりでできれば経営層から請われて移籍するような形が理想です。ただそんな人はここを見ていないと思うので現実的には2, 3がお勧めです。特に2は今まで多く取り扱っていたプロダクトもあるでしょうから、その経験を生かして太いクライアント を手土産にSalesにJoinするとか、Solution Consultant的なPositionで居場所を見つけるとか、やりようはある気がします。コンサルはいわゆるコンサルタント的なRoleでJoinするのは現実的ではなく、あくまでSIerの延長線上でPM的なRoleで入るなら活躍の場はあります。Consultantって一定以上大きなProjectのPMができる人そんなに多くないので。

独立はフリーランスだと現時点ではそこそこやりやすいはずで、年収が劇的に伸びるケースもあるようです(SAPのフリーコンサルとかですね)。SIer出身者がSIerで起業すると言うのはあまり想像がつかないので(無駄に大変になる割に儲からないので)、フリーランスで十分に仕事が取れる見込みが立てば独立を考えるのも良いでしょう。ただそうは言っても30代後半だと通常は後20年そこそこは働くわけで、長期的な自分の競争力を冷静に判断して踏み切ることをお勧めします。

 

 

外から見るとSIerのどこがダメなの? ユーザー目線編

SIerに対する不満, Dis意見のうちユーザー目線のものをPick upしてみましょう。ここで言うユーザーとはクライアント企業の中でSIerが納品したシステムを実際に使って業務を行う人のことです。例えば私はコールセンターのオペレーターが使う受発注のシステムを開発していましたが、ここで言うとそのオペレーターさん達がユーザーということになります。SIerの業務の本質的な難しさは、顧客内でも発注いただく情報システム部門の社員の方々、上記のようなユーザーの方々、そして経営層と複数のステークホルダ間で求めるものが食い違うケースが多いことです。

今私は職務としてPdMをやっているのですが、この問題は自社Productを開発している企業でも同じことが起こり得ます。PdMは社内である意味Tech teamに対する発注者の役割を果たすわけですが、ユーザーはもちろんPdMではありません。そのためPdMが考える優先順位や使い勝手が実際のユーザーの感覚と一致しておらず、思ったような反応が得られないということが起こります。これは上記の情報システム部門と企業内のユーザーの関係と似ています。PdMと情報システム部門の異なるところは、

  1. 情報システム部門は企業内のユーザーとコミュニケーションをとるチャンスが外部ユーザーを扱うPdMに比べて多い
  2. PdMは場合によってはユーザーに加えてカスタマー(お金を払ってくれる人)の課題を解決する必要がある
  3. 情報システム部門の扱うシステムは社内組織の力関係に仕様が左右されることがある

というところです。

前置きが長くなりましたが、システムを業務に使用するユーザー目線でのSIerへの不満はシステムの品質と納期に対する不満になります。品質面ではバグが多く業務がStopしてしまう、仕様がわかりにくい(使いにくい)というのが主要な不満で、納期面ではシステムのローンチが延期されるようなことがあるとそれに合わせて計画していた業務の変更に支障が出るというものです。バグは根本的にゼロにすることはできないので、如何にしてCriticalなものを出さないようにするか=テストのProductivityをどうやって上げるか がSIerの腕の見せ所になります。仕様のユーザビリティに関する品質はSIerの立場では踏み込むのが難しい場面もあるのですが、ここの品質を上げるためにユーザーや情報システム部門に対して踏み込んだ提案ができるようになると継続した案件も受注しやすくなります。

 

 

SIer後のキャリアパスはどんなものがあるの? 業務SE/PM 30代前半編

30代前半でSIerを辞めようと思った貴方!ギリギリです。さっさと辞めましょう。貴方の年齢であれば頑張ればなんとかなります。なんとかなるというのは絶対無理ではないという意味で実際に転職できるかどうかはもちろん貴方次第ですが。

30代前半というとそこそこキャリアも積んできているので(10年目〜ぐらい)、この後のキャリアパスは大きく下記ぐらいかと思います。

  1. コンサル
  2. 外資ITベンダー
  3. 外資Webサービス
  4. 国内メガベンチャー
  5. その他一般企業のIT部門(特にクライアント)
  6. 同業他社
  7. 起業

20代後半から選択肢として落ちたのはMBA, 国内スタートアップでその代わり入ってくるのが同業他社です。MBAは"絶対なし"というわけではないのですが、キャリアアップの手段としては30代以降はあまりお勧めしません。ここまできたらMBAというポテンシャルフラグではなく業務の実績で転職していく方が幸せになれます。コンサルになりたいという人も別にMBA必須というわけでは無いですし、わざわざ回り道する必要はないです。ただ、英語に不安があって業務外で英語漬けになりたいとか、トップスクールのブランドがどうしても欲しいとか、そういう明確な目的がある方は選択肢に含めても良いかと思います。

キャリアアップ(収入増)観点では上記の中でお勧めは3>2>1>4です。すぐに年収が上がるのは1なのですが、コンサル以降のキャリアを意識している場合はあまりお勧めできません。通常は30代前半でコンサルにjoinしていきなりmanagerにはならないと思いますので、コンサルタント/アソシエイトのレベルでスタートすることになります。仮にpromotionするのに3年かかったとして、数年managerレベルの経験を積んだ時点で次のキャリアを考えると少なくとも30代後半になります。コンサルのいわゆるmanager positionは事業会社のmanager職とは異なりproject manager色が強いので、残念ながらマネジメント経験を積んだとは言えません。その意味でコンサルをビジネススキルの習得期間とか、キャリアの高速道路的に捉えるのは30代以降は難しいと思います。また、コンサルでの経験はアサインされるプロジェクトにかなり依存するので、例えばシステム開発のPMOなどを続けてしまうと結局自分の実績としてアピールできる経験が大して積み上がらないので注意が必要です。

 逆に3の外資Webサービスは選択肢を広げていく意味ではお勧めです。最初からGoogleのようなTop企業に入れなかったとしても、小さくて業績が好調で面白いチャレンジができそうな会社にjoinして、他者から見ても目立つ自分の実績と専門分野を作っていければどんどんステップアップしていく(Positionも、企業も)ことは可能です。一点だけ注意があるとすればマネジメント層に行く場合は結局英語が重要になるので、ネイティブレベルになる必要は必ずしもないですが、不自由なくビジネスの議論ができるレベルにはいる必要があります。

 

SIer後のキャリアパスはどんなものがあるの? 業務SE/PM 20代後半編

20代後半でSIerを辞めようと思った貴方!ベストタイミングです。さっさと辞めましょう。貴方の年齢であれば選択肢は結構広いです。まぁこれ結構広いというのは別にSIerに限った話ではなくて、かつ絶対無理ではないという意味で実際に転職できるかどうかはもちろん貴方次第ですが。

20代後半というと一通り業務にも慣れ、小さなProjectを任せてもらい、きちんとDeliverした実績があるでしょう。この後のキャリアパスは大きく下記ぐらいかと思います。

  1. MBA
  2. コンサル
  3. 外資ITベンダー
  4. 外資Webサービス
  5. 国内メガベンチャー
  6. 国内スタートアップ
  7. その他一般企業のIT部門(特にクライアント)
  8. 起業

 キャリアアップ、端的に言って年収の向上を目指すなら1-4でしょう。5は基本的に搾取されるだけなのでお勧めしません。5でガンガンPromotionしていける能力がある方は1-4の選択肢をとったほうが良いです。6は初期にjoinして株をもらって上場でもすれば夢がありますが、20代後半で株をガチッともらえるpositionにつける人は稀だと思いますのでこちらもあまりお勧めしません。成功する確率も高く無いですし。そう言った一定程度他力本願な選択肢を取るぐらいであれば8で自分がコントロールできる範囲を増やしたほうが良いのでは?と思います。まぁ向いている人はごく少数なのと起業するような人はそもそもSIerには就職活動自体しないと思うのでこれもほぼ選択肢から外して良いと思います。

私のお勧めは今なら1か4で、大企業、特に外資のマネジメント職に付きたい人は今でも1が良いと思います。ある程度確立された大企業(日本企業は除く)ではDirector以上はMBAホルダーであることが多いです。それは別に彼らが特別なスキルを持っているとか、優秀とかいう理由ではなく、MBAを持っていることで専用の入り口からjoinできるからです。ぶっちゃけDirector以上になると一定以上のビジネススキルがきちんとあればあとは任される事業エリアと自分に付く部下の能力のガチャ(運勝負)みたいなところがあり、「ここじゃ無いな」と思ったらさっさと勝てる場所に戦場を変えるという勝負になります。もし自分が外資でマネジメント的な仕事をしたいと思ったらMBA一択だと私は思います。個人的にはあんまり面白そうな仕事とは思わないですけど。

将来自分で起業なども視野に入れたいのであれば4で経験を積みつつその分野のノウハウと満たされていないニーズを掴むこと、優秀な人材とのコネを作っておくことをお勧めします。2も悪くは無いのですが、中間ステップとして考えた場合は今規模が大きくなっているので希少性が失われていることと、経験できるないように振れ幅がありすぎるのでTop tierのファームで面白い経験が詰める、もしくは超優秀な人とコネができるならありだと思います。

7は特に「もっとまったりしたい」という人向けのパスですね。例えば広告代理店の案件をやっていてそのままそのクライアントのIT部門に転職するとか。基本的にSIerに発注しているような企業はITがコアな競争力の源泉では無いのでIT部門は緩いし人材のレベルも高くないので転職後に自分の価値を出しやすいです。その代わり傍流なので極端なPromotionは見込めないと思いますが。

こう見るとやっぱり20代後半は一番選択肢が多いですね。どうしようかなーと思った貴方、今が辞め時です!さっさと転職エージェントを探して登録しましょう。

 

SIerの良いところって何かないの?

SIerはDisられてばっかりなので頑張っていいところを挙げてみます。私が思いつくSIerのいいところは下記の通りです。

  1. 動くものを作ることができる
  2. 作ったものを人に使ってもらうことができる
  3. みんなでワイワイ仕事できる
  4. 給料がそんなに悪くはない
  5. 同僚に変な人が少ない
  6. 転勤が少ない
  7. キャリアの序盤でProject Managemenを経験できる

書き出してみて改めて感じたのですが、SIerはキャリアアップ的な魅力は7を除くとほぼないですね。Promotionのペースも遅いですし、給与テーブルも大したことないので収入を最大化したいという方はSIerにいる意味はほぼ無いです。 もっとまったりとみんなでワイワイ仕事がしたくて、そこそこ大きなプロジェクトに関わりたいという方に向いている職場かなと。後は転勤があまり無いという点も、地味ですが銀行やその他営業を全国展開しているビジネスと比べると特に新卒の観点ではメリットに感じている人が多いと思います。

 1, 2は意外とメリットとしては大きくて、やってみるとわかるのですが数ヶ月以上かけてチームで作り上げたものが世の中に出る、それが誰かに使われている、というのはなかなか他のものでは代え難い満足感があります。もちろんこれはサービス提供側に回るともっと満足度が高いのですが、外部から関わるSIerという立場でも顧客のシステムがローンチした時は感慨深いものがありますし、実際に業務で使われていることを確認すると「頑張ってよかったなぁ」と素直に思えるものです。もちろん使われることで満足していてOKということではないのですが、「自分の仕事が次につながって誰かの役に立っている」ことを実感できるのは仕事をする上で重要な要素になりうるかと思います。これが満たされない職業も世の中にはたくさんありますしね。

私は1,2と合わせて3も実際結構大きなメリットだと考えており、意識的にではなくても、これが理由で SIerを辞めない人も結構いるんじゃないかなぁと思います。要するにProject型の仕事って辛いけど楽しいんですよね。なんだかんだプロジェクトを進める間のトラブルも笑い話になりますし、文化祭の準備と同じで同じ目標に向かってみんなでワイワイ仕事するというのは楽しいものです。運用が始まってから大きめのトラブルが起こった時、偉いPMが警察の捜査本部みたいなノリで原因調査を指揮したりしてそれもまた離れてから思い出すと現場だなぁという感じでいいものです。その場にいると胃が痛いんですが。

7については転職につながる部分なので別で細かく書いてみたいと思います。

 

外から見るとSIerのどこがダメなの? 顧客視点編

Disられることの多いSIerですので、社員の観点だけではなく外の視点からもどこが批判されるのか、各ステークホルダーの観点からみてみましょう。関係する人は下記のような感じでしょうか。 

  1. 発注者の立場
  2. エンドユーザーの立場
  3. ビジネスパートナーの立場
  4. 競合の立場
  5. 投資家の立場
  6. 世間一般の立場
  7. 業界ウォッチャーの立場

まず今回は1番重要な顧客=発注者の立場から考えてみます。一口に顧客といっても色々なレイヤーの人がいるのですが、ここでは納品するシステムを実際に使って業務を行うエンドユーザー(上記の#2)とは分けて、SIerに対する発注者になる企業のIT部門の中の役員から担当従業員までを対象とします。

彼らの持つSIerへの不満の原因のうち典型的なものは

  1. 予算の必要性に対して説明が十分に出来ず、社内で責められる
  2. システムの仕様がユーザー部門の要求を満たしておらず、社内で責められる
  3. GO LIVEになった後トラブルが起こり、社内で責められる

と言ったところでしょうか。SIerへ発注する部門(多くは情報システム部門)の本音は、「これだけ大きな金額で発注しているのだから全部丸っと上手くやってくれ」ということだと思います。が、それはそもそも無責任というか職務放棄に近いスタンスですし、その発想自体システムというものの特性を理解できていないから出てきてしまうものです。ソフトウェアというのは(ハードウェアに比べれば)設計を比較的柔軟に変更できるというだけのものであって、仕様に基づく製品の動作という意味ではソフトでも何でもなく、設計されていないことには何も対処出来ません。言い換えれば100%のカバレッジと精度で仕様を定義できなければトラブルが発生することは不可避であり、ある程度以上複雑な業務について人間が完璧な設計を行うことは現実的ではありません。ですので上記の2,3は程度問題であり、ある程度以下の品質であれば当然SIerが責められるべきですが、100%を求めるのは発注者の姿勢として間違っています。そうではなく、どこが適切なコストと品質のバランスなのか、どうやって品質が100%にはならない中で効果的にシステムを使っていくのかを考えるべきです。

一方で、1についてはSIerの責任も非常に大きいというのが私の意見です。一般的にSIerは、開発にかかる工数や、使用するハードウェア、ソフトウェアの費用などを積み上げてコストの内訳を出し、なぜこの機能にこれだけのコストかかるのかという説明を行うことが多いのですが、これは効果的な顧客のサポートになっていません。本来SIerがやるべきなのは、「納品するシステムがどれだけ投資以上の価値を"生み出す"ものなのか」という顧客のビジネスケース作成に対するサポートと、その価値を最大限引き出すためにどのような体制を構築して、どうやってユーザーを巻き込むべきなのかを提案することです。それこそが直接の顧客である情報システム部門が顧客企業の中で提供する価値だからです。私が知っている限りではこれができているSIerの営業は非常に稀で、社内でコンサルを行なっている部署もほとんどできていません。「じゃあ他の業界の営業はこれができているのかというと」まぁそんなこともないわけですが、SIerへの発注は一般に金額がかなり大きなものになるので、ビジネスケース作成のサポートは顧客の発注意思決定上も決定的に重要な要素になります。ここが顧客目線で見た時にSIerの提供価値が足りていないポイントです。